マスクが嫌なら、逆手にとる!今のうちにやっておく私の美容術(その1:歯科矯正)

みなさま、こんにちは。Wacacoです。

マスクを付けることが当たり前になって約1年。最近はコーディネートとリンクさせたマスクファッションを楽しむ傾向にありますね。

私は不織布マスクを早々に辞めて(質感が良くないので、肌荒れや乾燥の原因になりやすいので…)布マスクを毎日洗って使っています。
肌が薄い顔に直接触れるものなので、できるだけ清潔なものを身に付けたいですよね!

 

私は昔からマスクが大好きで、冬になるとほぼ毎日マスクを付けていました。
理由としては、防寒と目元だけメイクしておけば取り敢えずOKという時短メイクができる…

なので、今マスクをしなければならない状況をすごくラッキーと捉えているんですけど、せっかくならマスクを付けているのが当たり前の今のタイミングをできる限り美容に生かそう!と閃きまして、始めた私の美容を紹介しようと思います!

 

まず最初に始めたのが『歯科矯正』

ホワイトニングしたり、3ヶ月に1回の定期検診に通ったりして歯はとても大切にしてきたのですが、どうしてもどうしても口元にコンプレックスがありました。

私は、いわゆる上の歯も下の歯も前に出ているゴボ口で、これがどうしても嫌で横顔が本当にコンプレックスだったんです…


歯科矯正はずーっとしたかったのですが、実際に歯医者さんに相談に行ったところ、装置が見えない舌側矯正は値段が高くて踏み切れずにいました…

これがホワイトニングにハマっていた時期の歯!知覚過敏で風が吹くと歯に染みる…

迷っていたものの『あ!マスクしている今なら、どうせ口元が見えないから、高額な舌側矯正にしなくても大丈夫じゃない!?』と閃き、いつも行っている歯医者さんに相談したところ、最近矯正を始めたということで、専門の先生に相談しながら具体的に話を進めていき、とんとん拍子で矯正スタートしました。

(元々子供の時にも矯正していたので、あまり抵抗が無いっていうのも大きいかも)

 
歯の印象って顔の中でも50%を占める割合で重要じゃないかなと、私個人的には考えていて、八重歯や黄ばんだ歯、黒ずんだ歯茎はどんなに肌が綺麗でも、綺麗にお化粧していても、顔自体が美しくても、その魅力を半減にする威力があると思っています。

というか、実際にいろんな人を見てきてそういう印象を受けてきたので、美しさを保つのに『歯』は重要な要素の1つだと考えています。

実際、美人な人って漏れなく歯が綺麗!
芸能人もモデルも、歯が汚い人ってひとりもいない気がする…それくらい歯って大切だと思っています。
 

だから、今のうちにせっせと歯を綺麗にして、マスクを取る頃にはいい女化計画を遂行しておりますよ〜!

目指せ美魔女!

4番目の歯を2本抜きました。

私の歯並びだと、歯を動かすのに2年、固定するのに1年の計3年かかるとのこと。
出っ歯なので歯を下げるために上2本、下2本の計4本歯を抜きます。先に上の歯を2本抜きました。歯が埋まるまでは歯抜け女です←

 

正直、永久歯を抜くことは相当抵抗があって、これも半年くらい悩みました。一回抜いたら生えて来なくなるため、将来隙っ歯になる可能性や、隙間が埋まらなくなる可能性なども不安だったけど、人生、一度きりだから後悔なく生きたい!

次は下の歯を2本抜きます。。。これがめっちゃ痛いんだよー涙
でも親知らずを抜いた時より全然マシです。

 

美しく歯が整ったら、またホワイトニングして、新庄を目指したいと思います。

目指せ美魔女!!

この間撮影している時、試しに笑ってみたら恐怖すぎてボツにした写真


ちなみに、私はアラフォーなのですが、矯正を始めるのに年齢は関係ないのかなって思います。
「今(の年齢)からそんなこと始めて何目指してんだよー」って言われたけど、私は80歳になっても自分の歯でガッシガシお煎餅を食べることを目指しています←
 

海外でも、子供の頃に矯正しても大人になると噛み合わせなどの問題で歯が動いてしまうので、また大人になってから歯を整えるって聞いたことがあります。

今この瞬間の自分が生きている中で、一番若いから。
後悔しないようにやりたい事を後回しにしないで、今この瞬間を一生懸命生きていきたい!

という感じで、私がマスク生活中に始めた美容その1でした。
長くなりそうなので、もう一つ最近始めた美肌治療は、また別の機会に記事にしますね〜^ ^

それでは!