あなたは大丈夫?景表法違反について

みなさま、こんにちは。
世界に1つの天然石ドゥルージー専門店”イノーガニックビジュー”店長Wacacoです。

みなさんは景表法という法律があるのをご存知ですか?

 

景表法とは簡単にいうと「誤解を与えるような表示をしている商品・サービスから一般消費者を守るための法律」です。 商品・サービスをより良くみせようとした結果、消費者に誤解を与え、本来思っていた商品・サービスと大幅に内容が異なる・・・。 というような不幸が起きないために作られた法律だと思っていて下さい。

引用元 <景表法>これだけは知っておきたい! 広告関係者は必見! NG事例集

 

ものを販売する上できちんと理解しておく必要がある大切な知識です。

消費者庁が発表しているこちらのPDFがすごくわかりやすい。
事例でわかる景品表示法不当景品類 及び 不当表示防止法 ガイドブック

 

有利誤認表示

その中でも知らない方が多いと感じるのが、有利誤認表示について。

これは、価格を著しく安くみせかけるなど取引条件を 著しく有利にみせかける 表示のことを言います。
事例でわかる景品表示法不当景品類 及び 不当表示防止法 ガイドブックより抜粋)

 

以前、過去にその店で一度も販売したことがない商品を”福袋、通常価格から50%OFF”!!
と謳って販売しているであろうオンラインショップを発見したことがあります。
なぜなら、そのお店で過去に販売していないであろうという系統の違うものだったからです。

過去にその商品を販売していた経緯が一度も無いのに、通常価格ってどうやって決めるの?
その商品に定価が無ければなおさら、購入者は比較対象となる価格がわからないですよね。

1)景品表示法では、商品やサービスの価格などの取引条件について、実際のものや事実に相違して競争事業者のものより著しく有利であると一般消費者に誤認される表示を有利誤認表示として禁止しています。

2)景品表示法では、有利誤認表示の一つとして不当な二重価格表示を禁止しています。

事例でわかる景品表示法不当景品類 及び 不当表示防止法 ガイドブックより抜粋)

 

お買い得ですよ〜!と表記しているのに、実際はそうでない表示はNGということです。

過去に2週間以上その店舗において該当価格で販売された実績が無ければ、それが該当価格で販売されていたと認められず比較対象がわからない為、その該当価格から割引価格を表記することは不当表示に該当するおそれがあります。

例えば 1,000円の商品が数量限定50%OFF !

として販売しても、過去に1,000円で販売した経緯が無ければ、もともと500円の商品を50%OFFと不当表示して販売しているかもしれない。それを購入者側は判断できないわけです。

 

景品類の制限及び禁止

これ以外にも、例えば過剰におまけをつけてお得に見せる事も景表法では禁止されています。

 

消費者が景品に惑わされて質の良くないものや割高なものを買わされてしまうことは 、消費者にとって不利益になるものです。また、景品による競争がエスカレートすると、事業者は商品・サービスの内容での競争に力を入れなくなり、これがまた消費者の不利益につながっていくという悪循環を生むおそれがあります。景品表示法では、景品類の最高額、総額等を規制することで、一般消費者の利益を保護するとともに、合理的な商品選択を妨げ ることを防いでいます。

事例でわかる景品表示法不当景品類 及び 不当表示防止法 ガイドブックより抜粋)

 

例えば、

 

購入者全員にプレゼント!

 

だったり、

展示会ご来場の方全員にプレゼント!

お申し込みいただいた方には先着順でプレゼント!

という表記も要注意です。

その時にプレゼントできる金額って決まっているのをご存知ですか?

 

例えば、500円の商品を買わせようと1,000円分の商品をプレゼントすることは禁止されています。

 

取引金額が1,000円未満だとプレゼントできる金額は200円までのもの。
1,000円以上でしたら取引価額の10分の2と決められているのです。

 

その例外もあるので、詳しくはこちらの事例でわかる景品表示法不当景品類 及び 不当表示防止法 ガイドブックをご確認くださいね!

 

景表法は購入者を守るための大切な約束事。

違反行為に対しては、措置命令と課徴金納付命令が課せられます。
ものを販売する側の最低限の知識として知っておく必要があります。

 

ハンドメイド作家さんにもぜひ知っておいて欲しくて記事にして共有してみました!
お役に立てれば嬉しいです♡

 

 

それでは!

 


Instagramほぼ毎日更新中!
フォローしてね!