レポート【12/17 ワークショップ】アクセサリーでブランドを立ち上げて販売したい方のための基礎知識

みなさま、こんにちは。

世界に1つの天然石パーツの専門店”イノーガニックビジュー”店長Wacacoです。

 

先日17日(土)はハンドメイドアクセサリーでブランドを立ち上げるためのワークショップセミナー第2弾を開催しました。

 

今回は男性も参加して、みんなで一緒に”ブランディング”について考えを落とし込みながら、学んでいきました。

 

今回ご参加いただいたみなさま。

 

制作方法や販売方法などを学ぶことも大切ですが、”モノを売る”ために必要なブランディング。

 

この考え方があるのと無いのでは、作品を紹介した時の反応が全然違ってきます。

 

普段考える機会がなかなか無いと思いますので、このワークショップセミナーでは”ブランディング”について考えることをメインに進めていきました。

 

ブランディングとは何か?自分のハンドメイドアクセサリーを誰に対して、何を強みにするのか、などを前半の約1時間半で自分の想いを絞り出して、整理していきます。

 

この作業、とても苦労するのですが

自分の作ろうとしているデザインだったり、価格だったりがターゲットに対して矛盾していることに気付いたり、新しい販売方法をひらめいたりといいことがたくさんあるのですよ!

 

 

そして、後半は前半のワークを元に自由にアクセサリーを作っていただきます。

 

今回、男性はドゥルージーを使ったブレスレットを。

女性はピアスを制作されていました。

 

どれもとーっても素敵に完成されていましたよ^ ^

 

 

 

そしてワークショップセミナーを2回開催してみて、3時間では伝えたいことのほんの僅かのことしかお伝えできないなって実感しました。

オンラインショップの立ち上げ方やSNSの活用方法、価格の付け方や写真の撮り方、どれもこれもとっても大切なことなのです。もちろん、誰をターゲットにしてどんなデザインのものをどういった方法で販売するのかというブランディングも絶対に外せません。

 

ハンドメイド作家さんはどちらかというと職人さん寄りであって、”売る”ということよりも”作る”ことの方が得意だと思います。

 

せっかく良い作品なのに全然人目に触れないっていうのは本当に勿体無いと思います。

『良い作品=売れる』訳ではありません。

 

販売するってどういうことなのかを学ぶ機会を講座として来年からスタートさせようと考えています。

 

講座の内容に関しては、また改めてこちらのブログで告知させていただきますね^ ^

 

 

コメントを残す